古宮夏希 / 古宮夏希&コークスが燃えている!
最新情報ライブ作品紹介通販古宮夏希 歌詞集経歴YouTubeTwitter営業日誌メール

 古宮夏希(ふるみや なつき)

うたとギター。札幌生まれ、札幌育ち。

15才の時、家にあったギターでうたい始める。
3ピースバンドのボーカル・ギターとして札幌で活動。
バンドを解散し、2005年に東京に引っ越す。
あらゆる楽器を使い宅録する日々が続く。
(その頃の作品が「朝方、夕暮れ、昼と夜」、「夜風はぼくらをやわらかくしてくれる」)
それでもやはり他人と共に演奏がしたい気持ちは続き、
今までの自分のバンド概念を捨て、古宮夏希&コークスが燃えている!を結成。
それと同時にギター弾き語りの活動も始める。






 古宮夏希&コークスが燃えている!
メンバー
[左] 古宮夏希(ふるみやなつき)。歌、ドラム。北海道札幌市出身。しし座。
[中央] 遊佐春菜(ゆさはるな)。鍵盤。宮城県仙台市出身。おうし座。
[右] 古宮大志(ふるみやひろし)。ギター、ハーモニカ。北海道月形町出身。いて座。

2008年夏、東京にて結成。
今までそれぞれ別の形で活動をしてきた3人が集結し、
ひたすらライブをやり、腹を決めて、一からコークスの形を作り上げる。
2009年12月、待望の1stアルバムを発表。
翌々年2011年9月には2nd、3rdアルバムを同時発売。
2013年11月27日、最新アルバム「グッド・バイ」を発売。

本当の気持ちでうまくやっていくために、3人の行進は続く。